So-net無料ブログ作成

【エボラウイルス解明に期待】 2300万年前に存在していた [エボラ出血熱]

【エボラウイルス解明に期待 2300万年前に存在】


・エボラウイルスの仲間

『エボラ出血熱』の症状に似たマールブルグ病のウイルスが
含まれるフィロウイルス科のウイルスは700〜600万年前に出現したとされる。


人類の出現は、200万年前ですからずいぶんさかのぼりますね。


・今回、ニューヨーク州立大の研究の結果

ウイルス遺伝子が、哺乳類の進化過程で
全遺伝情報(ゲノム)に組み込まれるということに着目。


フィロウイルス科ウイルスのある遺伝子は、
ハムスター・ハタネズミのゲノムに組み込まれ、ハムスターとハタネズミ
がまだ分かれていない、2300万〜1600万年前に存在していた可能性があるとした。


フィロウイルス科は、この時期にエボラウイルスなどが、
マールブルグウイルスと分かれたのではないかといっています。


これらの進化過程や宿主の解明は、ワクチン、治療薬の開発、
感染の防止策に役だつそうです。


【マールブルグウイルスとは】

c_22_germany_500p.gif

1967年、西ドイツのマールブルグ市で流行した熱病。


ワクチン製造のためウガンダから輸入された、アフリカミドルザルの組織、血液接触から発症。

みどりざる.jpg

患者から原因ウイルスのマールブルグウイルスが初めて分離されました。

マールブルグ.jpg

それからマールブルグ出血熱と呼ばれているそうです。

ヨーロッパの流行後、アフリカ(ケニア、ジンバブエ、コンゴ、アンゴラ)で確認。

発症した、8割の患者が亡くなったそうです。


患者の多数は、洞窟に入ったり鉱山での労働者であったそうです。


こうもり.jpg


これらのことから最近、宿主はアフリカに生息する”コウモリ”と確認されています。






Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
hryk ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。