So-net無料ブログ作成
検索選択

【マタハラ提訴】 セクハラより多いマタハラ被害 [訴訟]

【マタハラ提訴】 セクハラより多いマタハラ被害

マタハラとは

マタニティー・ハラスメントの4種類
• 昭和の価値観押し付け型 • 言葉によるいじめ・無視型 • パワハラ型 • 追い出し型


マタニティー・ハラスメント

男女雇用機会均等法第9条関係

事業主は、女性労働者が妊娠、出産、産前産後休業の取得、 妊娠中の時差通勤など男女雇用機会均等法による母性健康管理措置、 深夜業の免除など労働基準法による母性保護措置を受けたことなどを理由として、 解雇その他不利益取扱いをしてはならない。


セクハラより多い!!

日本労働組合総連合会調べによると、
世間の認知度が高いセクハラよりもマタハラのほうが被害件数の割合が高いらしいです。

職場での妊婦への理解がまだまだ低いと感じさせられます。

また、この理解度のなさが流産を招き、少子化の原因のひとつとなっているのではないでしょうか。


7f0313dcc4f421169bc1849b3074e127_s.jpg



今、たかの友梨氏がマタハラ(マタニティー・ハラスメント)等で提訴されています。

たかの友梨ビューティークリニックの20歳代の従業員が、
妊娠中であるため負担の少ない業務への配置換えを求めたが、
拒否されたとして東京地裁に運営会社不二ビューティー相手に、
慰謝料200万円の支払いを求める訴訟を起こした。

未払い賃金1400万円も請求してるそうです。

仙台地裁でも別件(未払い賃金請求)で提訴されている。


今回、この東京の女性従業員は、
配置換え、短時間勤務を求めたが、
拒否され、妊娠7ヶ月まで、
1日12時間以上の労働を余儀なくされ、精神的、神体的苦痛を被ったとして提訴。

現在、この女性は、育児休暇中であるそうです。

一方、たかの友梨氏は従業員、組合謝罪したものの、
経営上、成り立たないと威圧的なことを言っているらしいです。


マタニティハラスメント等でお悩みのある方は、
働く女性の全国ホットラインへ
相談してみてはどうでしょうか。
詳しくはこちらです。
↓ ↓ ↓
http://wwt.acw2.org/






Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
hryk ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。