So-net無料ブログ作成
検索選択

氣志團「DEAD POP FES」でサービス精神旺盛ライブ、SiMカバーも [エンタメ]

氣志團「DEAD POP FES」でサービス精神旺盛ライブ、SiMカバーも

SiM主催のライブイベント「DEAD POP FESTiVAL 2015」が本日7月11、翌12日に、神奈川・東扇島東公園 特設会場で開催。この記事では11日にCAVE STAGEで行われた氣志團のライブの様子を紹介する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

SEKAI NO OWARI「Dragon Night」の替え歌に乗せて登場した氣志團は定位置につくやいなや、いきなりSiMの「KiLLiNG ME」をカバーする。彼らはラウドな演奏と、綾小路翔(Dragon Voice)のハイトーンボイス、早乙女光(Dance & Scream)のシャウトでオーディエンスを一気に焚きつけた。しかし途中まで演奏するとバンドは一度演奏をストップ。綾小路が「てめえらこんなもんじゃねえだろ」と煽り、再度「KiLLiNG ME」を演奏し始め、さらに観客を熱狂させた。

バンドはその後、微熱DANJIと気の合ったダンスを見せた「喧嘩上等」、西園寺瞳(G)のギターソロが冴え渡った「Don't Feel,Think!!」などをパフォーマンス。MCでは綾小路が「『DEAD POP FESTiVAL 2015』にようこそ、わたくしは2曲目くらいからほぼ“DEAD”です(笑)」と笑いを誘う。また「がんばってたらいいことがあります。だってSiMに呼ばれたんだもん」と「DEAD POP FESTiVAL 2015」に出演できた喜びを口にした。「この曲が盛り上がらないと我々存在価値がありません」との言葉からバンドは「One Night Carnival」を演奏。観客はその言葉に応えるように、メンバーとそろいの振り付けをしたり、掛け声を掛けたりしてライブを盛り上げる。さらに曲中、音が止まると自然にサビを歌唱。その様子を見た綾小路は大感激し、声にならない喜びを体で表現した。

これで終わらず、綾小路が「みんなが知ってる曲で終わらないと。時間なんて関係ねえよ。時間……? 今、何時? 綾小路ー」と言い出し、アニメ「妖怪ウォッチ」の初代エンディングテーマの「ようかい体操第一」を歌いながら踊り始める。しかしながら時間超過のため舞台スタッフに取り押さえられるという、彼ららしい演出でサービス精神旺盛なライブを終えた。

引用元:ヤフーニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000041-natalien-musi


記事動画 https://youtu.be/vMuTEZC_-sw" target="_blank">https://youtu.be/vMuTEZC_-sw


Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
hryk ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。