So-net無料ブログ作成
検索選択

強い台風11号 発達しながら西日本へ接近、上陸のおそれ [台風]

強い台風11号 発達しながら西日本へ接近、上陸のおそれ

記事動画https://youtu.be/emu3-csXnwc

 強い台風11号は、午前9時現在、日本の南の海上を発達しながらゆっくり北上している。今夜には非常に強い勢力となり、16日木曜日以降は、勢力を保ったまま、西日本に近づくおそれがある。  16日の中心気圧は935ヘクトパスカル、暴風警戒域は460キロと予想されていて、西日本から東日本を中心に広い範囲で非常に激しい雨や暴風となるおそれがある。17日には九州から近畿に上陸するおそれもあり、今後の台風の進路に十分に注意が必要だ。

【高波・暴風】

 すでに台風11号の影響で、沖縄地方などでは高波に注意が必要となっていて、小笠原諸島や大東島地方では次第に風が強まる見込みだ。

<予想される波の高さ>
        14日   15日
小笠原諸島  6メートル
沖縄本島地方 4メートル 5メートル
大東島地方  6メートル 6メートル
先島諸島   4メートル 4メートル

<予想される風(最大瞬間風速)>
14日 小笠原諸島 16メートル(30メートル)
15日 大東島地方 15メートル(25メートル)



引用元:ヤフーニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150714-00010002-wmap-soci
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台風17号 2014年 発生 来週日本列島へ接近 [台風]

2014年9月24日22時30分発表 24日21時に台風第17号が発生しました。

台風第17号は、24日21時には南鳥島近海にあって、北へ毎時10kmで進んでいます。
中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。

台風17号.jpg

・台風17号
 名称 KAMMURI(カンムリ)
 存在地域 南鳥島近海
 中心位置 北緯20度35分
 東経149度55分
 進行方向 北
 速さ 10km/h
 中心気圧 998hPa
 最大風速 中心付近で18m/s
 最大瞬間風速 25m/s


この台風は、25日21時にかけて南鳥島近海を北西に進み、
その後27日21時にかけては小笠原近海を北西に進むそうです。


来週前半には、本州の南まで北上する可能性があります。


今後は発達して、日本へ接近した16号より強くなる!!


なぜ、16号よりも強くなるのか?


・台風17号の発生付近は、海水温が30℃前後と高く、台風が発達しやすいこと。
・日本列島付近に北上するまで距離があるため、成長するするのに十分な時間があるということ。
・陸地付近を経由せず、海上でたくさんの水蒸気をためること。


16号より成長する可能性、濃厚ということです。


今後の台風17号の最新情報についてはチェックしていきたいですね。


・台風は進路については、西風で東方向に進路を変えますが、

 今回の進路予想は、東へそれていくのか? 接近か?

 東へカーブするまでにどこまで西に進むかがポイントのようです。


それてくれればいいのですが。


因みに、台風16号から変わった低気圧の影響で、
25日にかけては西日本や東日本を中心に非常に激しい雨が降るようです。
まだまだ、土砂災害、河川の増水などに警戒が必要のようです。


台風16号 アジア各地で被害拡大!! 難しい進路予測  [台風]

22日、中国付近に!! 本土に上陸の可能性あり。


浙江省では、台風の接近に伴って警戒を強めていて、

国営の新華社通信は、日本時間の22日午前8時までに危険が予想される区域から避難した人は、

23万人余りに上るとのこと。


港では船を固定するなど、各地で対策が進められていますが、

浙江省の温州では山の斜面から崩れ落ちた岩が住宅にぶつかり、

住民が家に入れなくなるなどの被害も出ています。

中国の中央気象台は、台風は24日未明まで中国東部を北上すると予想していて、

浙江省や上海など中国東部を中心に河川の氾濫や土砂崩れなどに警戒を強めています。


19日、フィリピンで甚大な被害。

21日、台湾でも死者がでた。

台風16.jpg




台風が進むにつれて、日本付近には、南から暖かく湿った空気が流れ込みそうです。

このため今週の中頃(24日~25日)には、西日本を中心に、大雨となる恐れがあります。


今後、台風の発達はあまりないが、各地で要警戒。




難しい台風の進路予測はどうしてる?



・台風の進路予測は、



気象庁が気圧の配置や上空の風の流れ(南大東島での風船みたいなので)の観測データを、

スーパーコンピュータに入力して解析。


気象庁の予報官3人がそれらのデータから予想し、


最終的にその日の当番の人間(予報官)ひとりのが、経験等により決定するらしい。




一般的に台風は気圧の低い方に向かう傾向がありますが、


太平洋高気圧、偏西風などそのときの大気の状態によって進路は変わる。


進路のカーブするポイントで天気の予報がガラッと変わるらしいです。




気象衛星ひまわりもなく、アナログの天気図を使っていた昔に比べると、


予報円内に台風の中心が入る確率は70%以上と、精度があがっているらしいです。




今後も最新の台風情報を要チェック!!!


台風16号 2014年 予想について [台風]

2014年9月18日3時 台風16号が発生。



週明けに日本列島にも影響するおそれあり!!



今年は、台風があまり来なかったですが、


この台風16号、飛石連休に日本へ直撃の可能性あり!!


イベント等、計画している方は、台風情報 要チェックですね。


気象庁の情報やニュースサイトを見てみると


2014年台風16号の進路予想が詳しく書かれていました。



台風16号は、18日3時にはフィリピンの東で発生。西へで進んでいます。

・毎時30km ・中心気圧は1000hPa ・中心付近の最大風速は18m/s
台風16号.jpg


この台風16号は、今後、発達しながらフィリピンの東を北西に進み、


21日3時にはバシー海峡付近に達し、進路を東寄りに変える可能性あり。



前回の台風15号では、猛烈な暑さになるほど太平洋高気圧の勢力が沖縄付近で強いため、


台風15号は高気圧の南端に沿うように、西よりに進むしかない状況でした。


沖縄では、1963年9月1日と2日に石垣島で猛暑日になって以来、


9月としては51年ぶりの猛暑日だったらしいですね。


今回の16号は、まず北西へ進んで、フィリピンや台湾方面に近づいたあと、


東へ急カーブする予測。

台風16号_2.jpg


東に進路を変え日本上陸の可能性ありとなっています。


2014年に様々な影響を受けた日本ですが、


特に、雨の影響をうけた広島は今後の台風16号の進路が心配ですね。


今回の台風16号の予想は、日本に上陸の恐れがあり、


随時、台風情報のチェックをし各地域への影響を見極めていかないといけないと思います。

hryk ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。