So-net無料ブログ作成
睡眠時無呼吸症候群SAS ブログトップ

睡眠時無呼吸症候群 SAS(Sleep Apnea Syndrome)  [睡眠時無呼吸症候群SAS]

睡眠時無呼吸症候群【SAS】

睡眠時に激しいいびきをかいていたと思ったら、突然呼吸が止まる....。

働き盛りの男性に増えており、本人に自覚がないのが特徴。



あなたは、こんなことないですか?

・いびきがうるさくて突然止まる。

・日中頻繁に居眠り・うたた寝をする。

・睡眠時間は十分とっているのに、日中眠くて仕方がない。

・太っている。

・あごがちょっと小さい。(日本人に多い)

こんな方は、要注意、 SAS の可能性大!!だそうです。



睡眠中、何度も呼吸が止まり、その度に脳が覚醒して
慢性的な睡眠不足になるようです。

日中、眠たくなるのはそのせいですね。


なぜ睡眠中に呼吸が止まるのでしょうか?

原因の多くは、【肥満】だそうです。

肥満.jpg


肥満の人のいびきは?

正常呼吸.jpg

気道閉.jpg

仰向けで寝ると気道が狭くなり気道を出入りする空気
で喉が振動しいびきになるそうですが、肥満の人は、
気道がもともと狭くなっており、いびきが大きい。
さらに、筋肉が緩むと気道が完全に.........。

ふ さ が る。

呼 吸 停 止 状 態 


体が、酸欠の危険を察知すると、呼吸を回復させるため
脳が覚醒し睡眠不足に。

酸欠になると心臓の動きがが過剰になり、
血圧や、心拍数が高くなる。

その状態が続くと、心疾患・脳卒中等の病気に。


命に関わってくるそうですよ。

本当に怖いですね。


でも、色んな治療法もあり 


    ↓ ↓ 

・鼻CPAP(シーパップ) 主流だそうです。

 ポンプにつないだ鼻マスクをつけて空気を送り
 気道が閉じるのを防ぐ。(高血圧にも効果あり)

 鼻CPAP.jpg


・マウスピース
 
 小さく奥まったあごの位置を補正する。

 マウスピース.jpg


発見できれば、効果的な治療法はあるので、
安心しました。







睡眠時無呼吸症候群SAS ブログトップ
hryk ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。